加害者として困った(対人事故) | 高知市 あたご整骨院 (公式)

令和元年11/23(土)は祝日のため、休院となります。ご了承ください。

加害者として困った(対人)

保険会社に全て依頼してしまっても良いのでしょうか

1.人身事故の場合、特に誠意をもって対処する事が重要です。

 

2.最近、無過失責任や賠償問題などが叫ばれるなかで、それとは逆行して道徳上の観念が失われてきている様に思われます。交通事故を起こしたにもかかわらず、保険会社に任せているからと謝罪の言葉も無い。というのが見受けられます。

 

3.交通事故の加害者には、賠償責任を果すという民事上の責任、行政許可である免許証への処分を行う行政上の責任、道路交通法が適用される刑事上の責任、謝罪やお見舞いといった道徳上の責任、の4つがあります。

 

4.よって、交渉の流れ、賠償金の算出、書類の作成などは、保険会社主導のもとに行っても良いでしょうが、その中で、特に重要な事は、道徳上の問題で加害者の立場から被害者に対して謝罪、お見舞いといった社会通念上妥当な限り、誠意ある態度にて臨む必要があると思料します。

相手が、病院に入院しました。何をすれば良いのでしょうか

1.まず、お見舞いに行くのが当然です。

 

2.自分1人で行くのは、なかなか勇気が必要ですが、加害者の立場からすると誠意ある対応を取らなければなりません。

 

3.治療費や今後の対応についての質問には、冷静に、保険会社を交えて対応していきたい旨を明確に伝える必要があります。自分一人の判断による返答や相手方の要求するままの返答については、差し控えるべきです。すなわち、事故状況や社会通念上妥当とされる賠償金額などを考慮し適正な返答、回答をするべきであり、それには、保険会社の判断が必要であると思われるからです。

友達の車を運転していて事故を起こし、相手に怪我をさせてしまった。保険は、使えるのでしょうか

1.自分や家族名義の任意保険の契約は、あるのでしょうか。

 

2.各保険会社による自動車保険には、他車運転危険担保特約というのが有ります。

 

3.その車の用途および車種によって多少の違いはありますが、記名被保険者、その配偶者またはそれらの同居の親族が、自ら運転者として運転中の他の車を被保険自動車とみなして賠償責任条項を適用する。とあります。

 

4.すなわち、自分や自分の家族名義以外の車を自ら運転中に起こした交通事故については、自分や家族名義の車として任意保険に加入していれば、保険は使えます。という意味に解釈すると、この場合、相手方にけがをさせた人身事故についての治療費などは、支払ができるという事になります。

 

※全国交通事故治療院参照

 

→加害者として困った!(対物事故)はこちら!

ご予約・お問い合わせはこちらへ・088-823-3923・受付時間午前9:00~12:00、午後15:00~18:30(土曜日午後は14:00~16:00、日曜・祝日・木曜日午後は休診



整骨院名 あたご整骨院
院長 和田 響(わだ ひびき)
柔道整復師免許(登録番号 第37248号)

院長プロフィール

受付時間(予約制) 午前9:00~12:00 午後15:00~18:30(土曜は14:00~16:00)
休院日 木曜午後・日・祝
住所・電話番号 〒780-0051 高知県高知市愛宕町1-10-21
TEL 088-823-3923 
E-MAIL nat_12400@hotmail.com
お支払方法 ・クレジットカード決済
・現金

page top